iPhoneX(TEST)

(テスト)米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の10周年を記念した最上位モデル「X(テン)」が3日、発売された。9月に売り出された「8(エイト)」と「8プラス」が伸び悩んでいるが、アップル直営店にはXを求める客の長蛇の列ができた。
毎年秋恒例の新型アイフォーン商戦だが、今年は2段階で新製品を投入。Xは自分の顔がパスワード代わりになる顔認証など新機能を搭載した。熱心なファンは8と8プラスの購入を見送り、Xにターゲットを絞っているという。3日は直営店などで、事前予約とは別に当日販売分を用意。アップル表参道(東京・表参道)では午前8時の開店前に約550人が並んだ。
一方、高性能化により生産が遅れ、供給体制に不安があるとの指摘も出ている。Xを扱うNTTドコモなど携帯大手各社でも、年末商戦の盛り上げ役と期待するが、品薄状態が続くことに対する懸念もある。携帯大手で購入する場合は端末割引があるため、実質負担5万~6万円台で買うことができる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください