(test)『モンスターハンター:ワールド』が2018年最大のSteamリリースに

昨日、PC版がリリースされた『モンスターハンター:ワールド』だが、同時接続プレイヤー数において今年最大のSteamリリースとなった。また、Steam上でこれまでリリースされた日本のゲームの中でも最大の同時接続プレイヤー数を記録した。
わずか24時間で、ピーク時のSteam上の同時接続プレイヤー数は24万0901人に登り、今年これまでのSteamのどのゲームよりも高い数字となっている。また、歴代でも7位になるとSteamChartsは報じている。
これまでの日本のゲームで同時接続Steamプレイヤー数の記録を保持していたのは『DARK SOULS III』で、12万9831人。
PC版リリースの前日のカプコンの株の始値は3000で、2000年3月27日の以降初めての数字になるとResetEraメンバーのCyberpunkは指摘している。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください